ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

【BACKPACKING United を利用】グレゴリー・バルトロ85の購入方法(海外通販)

今持っているザックで最も大きいのは

オスプレーの70Lのもの。

 

ただ、計画しているお遍路については

歩き遍路とし、さらに出費を抑えるために

テントを担いで可能な限り野宿をする

つもりなので、ザックや着替え、食料を

担いでいくにはもう少し容量が欲しい。

 

そこで以前から欲しかったグレゴリーの

バルトロ85を購入することにした。

 

バルトロ85について公式HPで

調べてみると

・グレゴリー社の旗艦となるザック

・Sサイズは容量80Lで重量2608g

・Mサイズは容量85Lで重量2698g

・Lサイズは容量90Lで重要2789g

・最大積載重量27.2kg

・レインカバー付属

・レスポンスA3サスペンション機能により

 常に体にフィット

・ハイドレーションシステムの給水リザーバー

 を入れるためのバッグが内蔵されており

 そのバッグだけを取り外してアタックザック

 などとして利用することが可能

・フロントU字ジップにより、上からだけでなく

 全面からも中の荷物を取り出すことが可

・ウエストベッルトに耐水ポケットが付属して

 いるためスマホなど収納可

・ポケット、ループ、ストラップ多数

など特徴をあげていったらきりがない。

 

とにかく丈夫で機能性も十分であることに

間違いはない。 

サイズは自分は小柄なのでおそらく

Sが良いのだろうが、85Lが欲しいので

Mサイズとしよう。

しかし、問題はその値段。

 

アマゾンで42,000円、楽天や

購入通販サイトだと5万円超。

 

もっと安く売っているサイトがないかと

調べてみるとBACKPACKING Unitedなる

サイトを発見。

どうやらドイツのサイトらしい。


 海外のサイトとトラブルを起こせば

泣き寝入りは必至。

そこでこのサイトを検索して調べてみると

情報量は少ないものの利用した人もいて

ちゃんと商品は届いたようだ。

 

そこで注文してみることにした。

その手続きは以下のとおり。


f:id:solohiker:20200209100816j:image

 

 

欲しい商品を選んでカートに入れる。

カラーは2種類、サイズは3種類から

好みのものを選択できる(在庫がある場合)

自分はonyx blackのMサイズを選択した。


f:id:solohiker:20200209100850j:image

 

 

 

そしてカートに移動。

この時点で価格は2万5千円ほど。

日本円で表示されるのはありがたい。

 

ただ、これは総額ではなく、もちろん

これに加えて輸入するためいろいろな

手数料が掛かってくるので注意。

 

f:id:solohiker:20200209100922j:image

 

f:id:solohiker:20200209100932j:image

f:id:solohiker:20200209100952j:image

f:id:solohiker:20200209101003j:image

 

 

欲しい商品がカートに入っていることを

確認したら個人情報を入力していく。

 

あ最後まで日本語表示なので

戸惑うことはなかった。

 

f:id:solohiker:20200209101017j:image

 

ドイツの店とのやりとりなのに 

あっさり注文は終了。

これで無事に届くのなら本当に

便利な世の中になったものだ。

 

その後、サイトから英語のメールが

2通届いたが、おそらく「注文を受け付けた」

「商品を発送した」という内容だったと思う。

 

 

注文して9日後、思ったより早く商品が無事到着した。

 

f:id:solohiker:20200209101050j:image

 

いくつか書類が添付されているが、227ユーロの

価格に、郵送代41ユーロくらいが加わり、合わせて

269ユーロになったようだ。

 

1ユーロが120円とすれば32,280円となるが

確かにカード会社を確認すると32,866円引かれていた。


f:id:solohiker:20200209110808j:image

 

 

さらに商品を受け取る際、配達員に2,800円を直接支払った。

内訳を調べると、関税が1,000円、消費税・地方消費税が

1,600円、通関料200円となっていた。

 

f:id:solohiker:20200209101641j:image

 

結局、合計額は35,666円となった。

 

最初の表示額だった2万5千円に1万円加算された

結果となり、思ったほどの安さを感じなかったが

公式サイトよりは1万5千円ほど安く買えたと思えば

悪くないかも。

 

 

商品はビニールに包まれた簡易包装だったが

特に問題はないようだ。

なお、光の加減で緑色っぽく写っているが

色は注文どおり黒(onyx black)だ。

 

f:id:solohiker:20200209101703j:image


f:id:solohiker:20200209101728j:image

f:id:solohiker:20200209101713j:image

f:id:solohiker:20200209101816j:image

 

【今回の記事のまとめ】

以上、今回の記事についてまとめてみると

・BACKPACKING United社への注文は

 日本語で済むので便利

・サイトでの表示価格とは別に

 関税等でプラス1万円ほど掛かる

・自分の場合、注文と同じ色、サイズの

 品が到着

・但し、自分には本物か偽物か区別することが

 できない

・よって、偽物が送られてくるのではと心配な人は

 正規取引店に赴いて直接購入するのが無難

という感じ。

個人的には安く変えたので満足している。

今後、BACKPACKING United社から

購入を検討している方は参考にしてもらいたい。

 

ただし、既に述べたように如何せん遠い国の

会社なのでトラブルが起きても解決は

困難だと思われる。

カード番号などを打ち込んだりもするので

心配な人はやめておいた方が良い。

あくまでも自己責任で取引してもらいたい。

 


さぁ新テントも届いたし、いよいよ必要な
山道具は揃った。
後は実践投入して確かめてみるだけだ。

 

※基本的なことだが、ザックは大きければ

大きいほど中にたくさんの物を入れられて便利。

しかし、それに伴い重量が増すのは当然のこと。

重ければ足が先に進まず、バランスも悪くなって

転倒や怪我のおそれも出てくる。

お遍路をやった人々のブログを見る限り

野宿オンリーの人でもここまで大型ザックを

使用しているのは稀のような気がする。

最終的にはこのザックは使わず、Ospreyの70Lか

ホグロフスの50L、若しくはハイパーライト

マウンテンギアの白ザックを使うことになるかも

しれない。

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 


登山・キャンプランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加