ソロハイカーの日記

節約生活で早期セミリタイアを実現して山登り(ハイキング)三昧の生活を目指しています。

【日本百名山】 鹿児島・開聞岳&道の駅山川港活お海道

今回は百名山の開聞岳を目指す。

高速で鹿児島に入るといきなり強い雨。

引き返そうかと思ったがとりあえず登山口に行ってみようと

ハンドルを握り続けた。

 

そしてかいもん山麓ふれあい公園キャンプ場に着いたところ

晴れ間が待ってくれていた。

 

f:id:solohiker:20190908173314j:plain

 

ちなみこに、この写真が登山者に開放されたキャンプ場の

駐車場だが、前日からの車中泊は禁止らしい。

 

 

f:id:solohiker:20190908173325j:plain

「登山道」という案内板で舗装道からグランドゴルフの

コースを突っ切って登山口を目指したが、別ルートがあった。

(管理等前駐車場の案内板のとおり)

 

 

 

ここが2合目登山口。

f:id:solohiker:20190908173339j:plain

 

 

早速登り始めるが、おそらく前日まで雨が降ったのではないか。

下山している人とすれ違った際に、「あいにくの雨でしたね」と

言われ、とりあえず「そうですね」と答えたが、おそらく

土曜日に結構雨が降ったのかもしれない。

 

しかし、九重や阿蘇の山と違って、トレイルは

ツルツルの土ではなく砂利っぽい感じなので

結構グリップが効いて助かった。

 

f:id:solohiker:20190908173348j:plain

f:id:solohiker:20190908173401j:plain

 

 

この後も登り続けるが、開聞岳は最後まで緩やかな

上りが続いてとても気持ちが良い。

 

トレイルは林の中を抜ける感じで、木々が陽をカットしてくれ

日焼けの心配も無用だった。

 

ただ、風がないので、下の方ではけっこう蒸し暑く

上に行ってやっと少し涼しくなった感じだった。

f:id:solohiker:20190908173411j:plain

f:id:solohiker:20190908173424j:plain

 

 

五合目には展望所があるが、天気が優れず見晴らしも今ひとつ。

f:id:solohiker:20190908173434j:plain

f:id:solohiker:20190908173445j:plain

f:id:solohiker:20190908173454j:plain

 

 

7合目着。

ここまではグリップが効く砂利のトレイルを進む感じで問題なし。

しかし、7合目から8合目までは、岩の上を伝っていく感じとなり

雨に濡れた岩は滑りやすく、注意が必要だった。

f:id:solohiker:20190908173503j:plain

f:id:solohiker:20190908173513j:plain

f:id:solohiker:20190908173524j:plain

f:id:solohiker:20190908173543j:plain

f:id:solohiker:20190908173602j:plain

 

ロープ場もあり。

f:id:solohiker:20190908173621j:plain

f:id:solohiker:20190908173635j:plain

 

ロープ&ハシゴ場も。

f:id:solohiker:20190908173648j:plain

f:id:solohiker:20190908173702j:plain

 

 

なんとか登頂。

 

f:id:solohiker:20190908173712j:plain

 

 

山頂からの眺めもガスと雲の影響で今ひとつ。

f:id:solohiker:20190908173728j:plain

 

 

下山途中、7合目先の展望所で眺めてみたが、往路も復路も

天気が優れず、屋久島などは見えなかった。

 

f:id:solohiker:20190908173742j:plain

f:id:solohiker:20190908173803j:plain

 

 

下山後、まずはキャンプ場管理等前にある自販機で

コーラを買ってゴクゴク。

 

f:id:solohiker:20190908173816j:plain

 

 

その後、管理等内の自販機でシャワーのチケットを購入。

温水シャワーがあるのはありがたい。

鹿児島には色々と温泉があると思うが、探すのが面倒くさいので

200円のシャワーで済ませることにした。

 

f:id:solohiker:20190908173831j:plain

 

 

管理棟内男性用トイレの一画にシャワールームが2基。

決してきれいではないが、掃除はしてあるようで

汚いとも言えない感じ。

なお、写真のようにカーテンを閉めるだけで

鍵のかかる扉はないので貴重品の管理には

注意した方が良い。

管理者に預けられるかは不明。

 

f:id:solohiker:20190908173843j:plain

 

 

200円なのでシャンプーやボディーソープなどは一切ない。

管理棟内でシャンプー等を販売しているため、そこで

買えということだろう。

 

f:id:solohiker:20190908173857j:plain

 

 

最後に売店でピンバッヂを購入。

今後、100名山シリーズを揃えていきたい。

f:id:solohiker:20190908224150j:plain

 

 

 

シャワーを浴びてスッキリした後、昼食をとるため

道の駅山川港活お海道に立ち寄る。

空もすっきり晴れ渡ってきた。

f:id:solohiker:20190908173913j:plain

f:id:solohiker:20190908173924j:plain

 

 

頼んだのは、刺身定食1300円。

f:id:solohiker:20190908173940j:plain

 

 

ご飯は少なめだが我慢してお代わりせず。

刺し身はもちろん美味。

まあ、味音痴なので多分地元のスーパーで買った刺し身でも

同じ感動を覚えた気がする。

f:id:solohiker:20190908173953j:plain

 

 

【今回の山行のまとめ】

今回の山行をまとめると

・日本百名山であり九州百名山でもある開聞岳は

 薩摩富士とも言われており、円錐形の姿は見事

(見るだけでも感動する)

・登山口のキャンプ場駐車場は車中泊禁止のようなので

 前日から来る人は注意が必要

・百名山だけありトレイルはしっかり整備されている

 ・林の中を歩く感じの場所が多く、砂利状のトレイルは

 グリップが効いているので雨上がりでもあまり

 滑ることはなかった

・胸をつくような急坂もなく、ロープ場やハシゴ場が

 あるが、しっかりホールドすれば特に問題はない

 ・登山口の案内板には往復5時間30分時間かかると

 書かれていたが、実際は往路が2時間5分

 復路が1時間37分の合計3時間43分だった

・登山口のあるキャンプ場では有料で温水シャワーが

 利用可

という感じだろうか。

 

また行きたいのだが、いかんせん片道4時間の運転は体に堪える。

高速代やガソリン代も馬鹿にならないし。

もう訪れることはないかもしれない。

 

 

【タイム】

6:20ふれあい公園駐車場発 ~ 6:40 2.5合目

~ 6:45 3合目 ~ 6:55 4合目

~ 7:08 5合目 ~ 7:23 6合目

~ 7:38 7合目 ~ 7:52 8合目

~ 8:08 9合目 ~ 8:25 登頂

~ 8:30 下山開始 ~ 10:07 駐車場着

 

 

【支出】

食事~2051円

   朝食(コンビニおにぎり)200円

   昼食(山川港刺身定食)1300円

   夕食(帰宅後用)   551円

ガソリン代~7471円

高速代~5130円

シャワー代~200円

自分への土産代~500円

職場への土産代~2210円

   ※合計~17,52円

 

指宿市は鰹節とオクラが有名らしく

道の駅に色々と商品が置いてあった。

しかし、結局どちらも手が伸びず。

ネットで調べると、鰻も有名らしい。

買うならこっちか。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 


登山・キャンプランキング

 

このエントリーをはてなブックマークに追加